しかちゃんのブログ(酉)

好きなことを、ただただ好きなだけ。

会いたいという気持ちだけで

「ぼくらが非情の大河をくだる時」

リーディングドラマ、観にいってきてました。先週のはなし。

やっと、書くのです。

 

会いたいという気持ちだけで

A、BチームのWキャストでの公演。
うち、Bチームの初日を拝んできたんだけど、
その帰り道、電車に乗るころには楽のチケットを取り終える程だった。
地本のコンビニで発見しているときにはすでに上の空、
「なんつー配役をしてくれたんだ・・・(ものすごくいい意味)」と、
くちから魂を八割がた出したまんま、そわそわと帰路についたのであった。

久しぶりに感激するにあたり、いや、まあ感激はしたんだけどこんにちは誤字。

観劇するにあたり、キャストさんたちがそろって難しいというので
調べたりしたんだけど、お伺いしていた通り、ネットではほしいものはなにも拾えない。
やっとみつけたあらすじも、こんなんじゃわかんないよ!と声を上げるほどで
情報に飢え切ったままの当日だった。
が。
お見かけしたあらすじは、その作品のすべてで、ほんとうにそれそのものだった。

時代背景、ことば、世界観、配役、おと、照明のすべてが私にとってドツボであり、極上だった。
面倒くさい言葉を使えないのだ、端的に「ぬあ~好き~!」というところ。

両日とも、赤と青のライトに動脈と静脈を感じたんだよなあ。それもよかった。

リーディングドラマ、個人的には目で声を聴く感じだった。
途中で目がぼやけたり、耳鳴りがすごかったりして、見終わったころには全身がバッキバキに凝り固まっていた。

呼吸を整えながらのアフタートークは、もう何もよく覚えてないけど、
中屋敷さんが「Aチームはタイムスリップ、Bチームはイタコ」的なことをおっしゃっていたのが残っていて。
イタコ、そういえばそうだった、とてもそれがしっくりと来た。


安里勇哉の声がほんとうにほんとうにもの凄くよくて、そもそもとして彼の声を生で聞きたいがために来たのだから、
その欲は充分に満たされたはずだった。
しかし人は、私は強欲だ。もっともっと、そう求めてってゆーか
最初から全公演とれよな、と今とてもそう思う。そういうところ、本気だして正座してほしい。
正座はともかくとして、楽も見に行ったのは大正解だった。痺れきった。

ニコニコキャッキャしている印象がとても強いからこそ、そこから発せられる雄々しく、荒々しい熱は最高以外の何物でもなかった。

薄汚れた豚だ。
俺は駄馬だ、屠殺場へ連れて行け。

生涯忘れえぬセリフになるんだと思う。
まだぞくぞくする。もっと言ってほしいし、こうなるとちょっと違う趣旨になっている気もする。

苛立ちを孕んで声を荒げていき、クライマックスへ向かっていく様子が、
迫力を増していくその姿が神々しくてたまらなかった。
初日と楽で放出っぷりを増していたように感じられたし、ほんと、見に行けてよかった。

稚拙な言葉しかつかえないけど、すごくかっこよかった。

あんなに雄々しくて、とんでもなくかっこいいなんて知らなかった。

最近になって、「安里勇哉」という名前の沼地にハマり、
いや、落ちたのだろう。堕ちたのか、墜ちたのか。

そこんところこだわる隙間もないくらい
頭から真っ逆さまで、そうして私の世界は総てが彼だとしても過言ではない日々だ。

ハマったころからずっと、太陽のような人だと思っていた。
それが、この作品を経て、神になってしまった。
たましいごと射貫かれた私は、もうこのまま、最高の旅を続けるんだと思う。
神が、太陽が、光がそこにあり続ける限り。

 

ありがとう、安里勇哉。
(「さん」をつけろよこの・・・!!というご意見、すごいわかるごめんね)

 

クソ個人の性癖ドンドコドーンな感想を、ここまで読んでくれてありがとう。

 

地元のどこかの図書館に本があるっぽいんだけど、
信じられないことに地元の図書館一か所つぶれてて、しかもそのつぶれたところにあったっぽくって
それを掘り起こしてもらう方法を調べる気力がまだないので放置している。
問い合わせとかするのほんとできないんだ。
食券制ではない牛丼屋に行けないくらいダメなんだ。


DVDとか音源化とかしたら捉えに走るからよろしくな。

 

幸福、今夜はうどん。

 

 

毎日の話を

気がついたら年はとっくに明けていたんだ。それどころか、1ヶ月だって経過してた。

もう、2月だ。

年末〜年始はいわゆる繁忙期というやつで、仕事がめためたに忙しいから、なんだかすごい月日が経過しているような気がしてならない。
年明けに、半年分くらいの疲労を蓄積した気になってカレンダーを見ても、まだ仕事始めから1週間も経っていなかった程だった。

前のブログから日が空いたのは、忘れていたわけでもネタ切れでもなくて。

趣味にのめり込みすぎで地上に出てくることが出来ないほど、深い深い沼地の奥深く底にいて。
とても幸せに暮らしてたらこんなかんじになっていた。

1日が24時間じゃ足りない、なんて感覚はすごい久しぶりだし、やりたいことやっててってのだと、初な気がする。

睡眠時間削ってでも費やそうとしている程だけど、どう考えても肉体はばばあ。

好きだけでは一緒にいられないのは、アンタとの話だけではないのだ。

最近は、特定のアニメをでろんでろんに見倒してて、迷うことなくDVDも買った。

もう、とっくに沼の底だ。
そうして湧き上がる二次創作欲。毎日絵をかくようになった。

幼少期に、仕事でも同人でも漫画をかいていた母に連れられてコミケにサークル参加してたような感じだったり、それとは別に記憶が定かではないほど昔から絵をかくのは好きで。

いつかは自分も母のように、などと思っていたのだけど、大海を知る毎に、己の画力やセンスのなさに打ちのめされていって。

また、家庭の事情やアイデンティティの確立などなど、多感な時期の経験により、私は絵や漫画から手を引いた。

働き出してからは、落書きすらしなくなっていって、それはいくつか転職をするまでそのままだった。

縁があって、成人向け&月刊の少年誌の作画アシスタントと、続けてしたのが、久しぶりに絵と関わった時。

それでも、それを続けようとは思わなかったし、それからまた何年も経っての今なのだけど。

今頃、この年になって突然かきたくなった。
ただ、それだけの理由で毎日仕事から帰宅して、眠い目をこすりながら絵をかいている。

疲労や体調不良を二の次にしている程で、睡眠時間を削ってでもかきたいのだが、なかなかどうしたんだか自分でもわからない。

月に100枚とかのスピードでかいているんだけど、びっくりするくらい進歩もしない。

まあ、特に目的もなくかいているので、それはそれでいいのだと思う。

…目的がない割には、日々、書きたい話が積み重なっていっているのだけど、これもまた別のお話。

かきたい気持ちも、かけない現実も、全てあるがままに受け入れていければいい。

そうして、書いたら次は誰かに見て欲しくなるという自己顕示欲とか、承認欲求とかについても、さほど嫌悪することもなく認めていけたらいい。


髪の毛はボサボサだし、おでこはテカテカだけど、キラキラな日々を。

書きやすいボールペン

最高。するする書けるの大好き。

 

調子に乗ってどんどん書いていると、インクがペン先にたまっちゃって、

絵が汚れていくのです。

 

しかし久しぶりに絵を描いた。

らくがき程度だけど、自己満足どっかーん!みたいなね。

 

若い時に、むきになっていろいろ書いていたころよりもずっと

するっと理想を紙の上に表現することができるようになっていて。

 

何の加減が違うのかはわからないけれど、ストレスが少ないに越したことはない。

 

そしてまたこれもそのうち飽きるのだ。

 

 

今年も終わりだね、なんて話をしていたら、

弊社の下期も終わりデースと言いながらくそめんどくさい締め作業を頂いた。

 

期限が今日の今日って、どういうことじゃ-い!とか、思ったとか、思ったとか。

(思った。)

 

今年の終わりといっても、西暦・和暦の表記が変わるだけでは?とか

数字一つ増えるだけじゃん?とか思っていたりする。

 

来年?もう明日じゃん?とか。

高揚感が足りないのだ。

かといって、高揚感を欲しているわけでもなく、ただひねくれているだけに過ぎないのだろう。

 

 

先日、職場の人と夜景の話で盛り上がった。

 

あそこに○○があるってはしゃがれても、そりゃあそっちの方向にそれがあるから、

この天候で、この高さから見たら、そりゃ見えるでしょうね。

とか

あそこがキラキラしてるって言われても、そこにあるその建物の照明が着いているからね。

とか

 

・・・。

 

毎日とってもはっぴねす!!!!

 

楽しめる対象が人より少ないからと言って、其れがすなわち不幸であることにはつながらないのである。

 

ただ、自分が美しいと思って伝えたそれらを、現実の理屈を並べて否定されることは、幸福感にはつながこともしっている知っている。

 

それとは別に、自分が発信した言動で、人に嫌がられるのは好き。

 

明日はクラゲが嫌いな人とわざわざクラゲを見に行くのである。

 

(仮)の使用期限でも考える?

いや、考えないでしょ。

めんどくさいめんどくさいし。

アンタとアタシと俺とお前の人それぞれでよくない?ダメ?

 

そんなことすらただの話のきっかけとかに過ぎないから。

 

ところで前回、愛してるとか言ってたフレーバーティー、近頃全然飲んでない。

愛なんて、そんなかんじ。

ここんところは何にも執着していない。それはそれで楽。

 

宛てのない手紙でも書くみたいに書き進めるけど、そんなことより早くご飯が炊けてほしかったり、洗濯が終わるのを待っていたり。

家事のつなぎ。

夕飯はごはんと白菜だった。干物も食べた。

 

明日のMAXは12度、いいと思う。

地下鉄が蒸すから、今年もヒートテックを導入する予定はない。

密閉してるところに人の熱を詰め込んで、そこに温風ぶっかけんのはもう正気の沙汰じゃないよ。

毎年汗だくになってぼくたちは(風邪ひく的な意味で)死ぬんだ。

 

週末が来るたんびに妻子持ちと朝から晩までメールでゲームの話してるけど、別にゲームも相手もそんなに面白いわけじゃない。

さみしさ埋めてるわけでもないし、建設的でも不毛な感じでもなくて。

つなぎとめてるそれらに名前を付けようとしても、どれもこれもがピンとこない。

 

名前も理由も約束も全部いらなくない?ダメ?

 

宛てもなく書いているから、終着点を定められないまんま、何回宙を仰いだか数えようがなくなってきた。

 

まあいっか、眠いから寝ようじゃん。

そんなに眠くないかもしんないけど、そういうことにすればたちまち夢の中に潜り込めるから。

 

自己満足な夜だよ。いつでも。

 

 

 

 

 

 

フレーバーティーを愛してる。

だけど、今猛烈に鼻が詰まっているから何のにおいもわかんない。

食べ物のにおいも今わかんないので、自炊してみてもうまいんだかどうなんだかよくわかんない。

 

昨日の夜も、とっておきのストロベリーの香りがするやつを淹れたんだけど、何のにおいもしないので、味も感じなくてお湯でした。

ストレートでいくので、甘味とか特にないやつはもう終わりです。

鼻が死んでいると、お湯です。

お金をかけたお湯。

 

今宵もフレーバーティー淹れたんですけど、今宵もそれはお湯でした。

明日からお湯飲もう。

 

と、いうわけでなかなかスッキリ体調が回復しない。

けど、弱っているおかげで食欲もないので、薄くて少ないものばかり食べているからむくみがどんどん取れていく。

 

こんな、しわしわなんですね・・・知りませんでしたよ・・・

張りがある肌?いいえ?むくみですよ?

みたいな悪夢、いかがでしょうかね。

 

若く見られたい30代女子は、塩分過多で水分摂りまくればいいと思う。

 

私、実年齢より10歳若く見られるので、これはガチ。

 

ガチだけど、若く見られる=かわいいとか美しいとか、見栄えがいいには直結しないこと、知ったほうがいいのかもしれません。

 

肌がきれい~!と、いうほめ言葉も、真に受けないほうがいい。

 

肌だから。

 

ヤッター!休みだー!!

まあ、そんなはしゃいでる場合ではないんですけど。

 

と、いうのも体調を崩し、病院へ行ったら血を抜かれるだけではおさまらず、

人生二回目のCTにドゥーンしたり、痰を取られたり、

痰を出す宿題をだされたり(なにそれ)で

いわゆる病欠なので。

 

ので、で切ってやる。

 

ここ半年以上ずっと残業くそ野郎だったのがたたって

常に体調が悪い人状態だったので、休めるのはありがたいんだと思う。

 

はーでもそわそわするー体は動かそうと思えば動くしー

うーんうーん

やることあるしー

書類の提出期限もあったのにうおおー

(こうやって熱が出ていても働いたりしてたのがたたっている感、否めない。)

 

まあしかし、内勤だと、熱あるくらいでも移動可能なら、出勤しちゃう。

明日に回せばいけるという仕事内容ではないためなんすけど、

無理してでもきてほしいとかいわれると、行くバカなので。

 

また、ので、で切ってやる。

 

そこらへんの話はもういい。書いても無駄だ。

湧いてくる想いも意見もすべてお見通しだ。

 

そんなことよりもCTとるときに

「10秒から20秒息止めてください」

って言われたんだけど、実際には5秒くらいで終わった。

盛りすぎだろって気持ちと、助かったという気持ちが同時に押し寄せてきて

やかましいわ、という気持ちで締めた。

 

日々の多忙さにすっかり疲弊しており、合法的に有給使い倒して

休みてぇ~!!!!!と思っていたら、その望みはすぐに叶ってしまった。

それを願ったのは先週末だったので、望みが叶うのがちょっと早すぎる。

 

・・・別に早いに越したこと、なくねえ?とは思う。

 

強く望み求め、願い信じれば、それは必ず叶う。

夢物語でもなんでもなくて、思い通りに生きていくことはできるのである。

こうやって。

 

ゆえに、いま強く願えば目の前にほかほかのカレーがでてくるはずなのだ。

カレー食いたい。喉すげえいてえけど、カレー食いたい。

カレー、カレー、カレー。

 

近所のファミレスに行けばすぐ出てくるぞカレー。

ほうら、やっぱり願いはすぐに叶えることができるんだ。

 

頭スゲー悪そう。